特集2:ブロックチェーン技術と仮想通貨

Interviewフィンテックは一時的なブームで終わるのか?

Eストアーは、同社の通販システム「ショップサーブ」にビットコインによる決済機能を実装することを発表した。その狙いは何か。そして、その先に何を見ているのか。同社代表取締役・石村賢一氏に聞いた。

柳川範之

東京大学 大学院経済学研究科・経済学部教授

Profile1963年生まれ。経済学博士。専門分野は金融契約、法と経済学。1988年慶應義塾大学経済学部通信教育課程卒業。1993年3月、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。同4月より慶應義塾大学経済学部専任講師。1996年東京大学大学院経済学研究科助教授。2011年12月より同教授。総合研究開発機構(NIRA)理事、日本応用経済学会理事等も務める。著著多数。フィンテック研究フォーラム代表。

本誌記事

FISCO FINANCIAL REVIEW 創刊号 Page-45

金融というのは血液のようなもので、その循環機能によって経済を活性化させるサポート機能を持っています。

現在、金融業界は世界的に悩みを抱えています。欧州しかり、日本のゼロ金利政策しかり、停滞感は否めません。

私がフィンテックに注目しているのは、金融に対する技術と情報の革新が、業界の垣根を越えたプレイヤー同士のコラボレーションを促すからです。新しいサービスや革新的なビジネスモデルの創造、つまり経済活性化のきっかけになると期待できるのです。

一般に、技術革新により、コストが低下し、品質は向上し、今までできなかった仕組みが可能になると考えられます。事業のセットアップコストを低落させ、少人数でアイデアを持つ者が集まり事業を運営することが可能になるので、既存産業への参入が容易になり、ひいては新産業の創出が可能となるのです。

01 創刊号

特集1:企業開示と対話の行方

  • 北川哲雄Contributed

    ガバナンス関連3大プロジェクトのエンドポイントを考える

  • 中尾剛也Interview

    インベストメント・チェーンにおける長期投資家とは?

  • 小澤ひろこ/ジュリエット・マーカムContributed

    統合報告書の最前線

  • 渋澤 健Contributed

    対話を通じて「見えない価値」を「見える化」する

  • 藤野英人Contributed

    健全な投資を阻む日本の資産運用の問題点と今後

  • 森澤充世/榎堀 都Contributed

    気候変動対策についての国際的な動向と日本の課題

特集2:ブロックチェーン技術と仮想通貨

  • 野口悠紀雄Interview

    仮想通貨による送金・決済が事業体を変える

  • 岩村 充Interview

    仮想通貨にまつわる不都合な真実との向き合い方

  • 増島雅和Contributed

    「仮想通貨」によくある誤解について

  • 石村賢一Interview

    ビットコインは想像以上に早く一般化する

  • 柳川範之Interview

    フィンテックは一時的なブームで終わるのか?