株式投資家と暗号資産

株式会社フィスコ 川名 剛

Profile

川名剛

  • 株式会社フィスコ
    研究開発部長
    シニアストラテジスト
  • 早稲田大学大学院法学研究科修了。金融系シンクタンク、外資系コンサルティングファーム等にて国内外の大手企業に対する経営コンサルティングに従事し、現職。金融庁金融研究センター研究員、文科省科研費研究「日本の年金資金におけるESG投資のあり方についての研究」研究委員、國學院大学非常勤講師等を歴任。
    主な著書に、「サステナブル投資の法的基盤と実践的課題」(編集代表、共著)、「北米および欧州の年金に関する現地調査報告(運用編・制度編)」(共著、年金シニアプラン総合研究機構)、「グローバルに活動する金融機関の法的規律-世界金融危機とシステム上重要な金融機関-」(日本国際経済法学会年報第20号)、Financial Cooperation in Asia and Japanese Law, with Particular Reference to the Development of Asian Bond Markets (International Corporate Rescue, Vol.3)ほか多数。

2020年11月30日、BTC価格は2017年末のBTCブーム時の最高値を超え、その後200万円台を軽く突破し、本稿執筆時点では日本円で700万円を超える水準にまで急騰している。
これまで一般的な株式投資家からは、暗号資産投資は透明性や安全性の面での懸念も加わって、一過性のブームないし一部投機マニアの対象との見られ方が続いた。しかし、わが国でも、金余りやメジャーな企業の動きが見られるようになると、一気に市場が動き始めた。このような状況を受け、これまで暗号資産投資に近づいてこなかったわが国株式投資家の意識を調査するため、株式投資家の暗号資産投資の実態に関するアンケート調査を行った。

株式投資家と暗号資産

Profile

川名剛

  • 株式会社フィスコ
    研究開発部長
    シニアストラテジスト
  • 早稲田大学大学院法学研究科修了。金融系シンクタンク、外資系コンサルティングファーム等にて国内外の大手企業に対する経営コンサルティングに従事し、現職。金融庁金融研究センター研究員、文科省科研費研究「日本の年金資金におけるESG投資のあり方についての研究」研究委員、國學院大学非常勤講師等を歴任。
    主な著書に、「サステナブル投資の法的基盤と実践的課題」(編集代表、共著)、「北米および欧州の年金に関する現地調査報告(運用編・制度編)」(共著、年金シニアプラン総合研究機構)、「グローバルに活動する金融機関の法的規律-世界金融危機とシステム上重要な金融機関-」(日本国際経済法学会年報第20号)、Financial Cooperation in Asia and Japanese Law, with Particular Reference to the Development of Asian Bond Markets (International Corporate Rescue, Vol.3)ほか多数。